自動車等の車両を運転する場合には、原則として信号機の表示に従い、歩行者や自転車などに注意しながら交差点を通過しますが、信号機や交通整理の行われていない交差点では、その道幅や見通しの良し悪しなど、同条件の道路が交差する場所では、左方から進行してくる車両を妨害してはいけません。
これは、道路交通法第36条によって定められている左方優先の原則と言います。
しかし、それはあくまでも、信号機のない交差点や交通整理の行われていない交差点において、明らかに道幅の広い方や一旦停止の標識などが無い道路を走行する車両が優先となる、優先道路の優先が判断できないような交差点に限ります。
一旦停止を行った場合でも、少し前へ進まなければ見通せない交差点などの場合、左側通行が原則の日本では、右側から来た車両の方が、左側から交差点に進入しようとする車両を見つけ易く、右側から来た車両が道を譲る事で接触事故を防げるからです。
しかし、双方ともに見通しの良い交差点でも事故が絶えないのは、共に同じ時速で走っていると、眼の錯覚で、その車両がまるで止まっているように見えてしまい、風景の一部と化してしまう為だと言われています。こちらが優先だから。こちらの方が早く通り過ぎるだろう。等と過信しないで、譲り合いの精神で事故を防ぎたいものですね。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。