交差点を通行するときには様々な危険が潜んでいると言われています。昨今、信号の整備等が進んで事故数が減少傾向にあるとはいえ、事故原因は今も昔もそう変わらないようです。
相変わらず多い事故原因の一つが「左折時の巻き込み事故」です。巻き込み事故とは、車が曲がる時に生じる前輪の軌道と後輪の軌道の違いによって生じる内輪差によって、主に後輪側で歩行者や自転車を巻き込んでしまう事故の事です。ホイールベースの長い車(バスやトラック等)ほど内輪差は大きくなり、運転の時には特に注意が必要になってきます。
歩行者や自転車に乗っている人はさほど車に関する知識はありません。むしろ全く無いと思った方がドライバーにとっては良いのではないかと。ドライバー主観だと「歩行者も分かっているだろう」と思いがちですが、歩行者側からだと後輪がそこまで内側を通るとは思っていません。その見解の相違が巻き込み事故を生み出す訳です。よく言われる「余裕をもったドライビング」で交差点に入る時に歩行者等を見つけたら、歩行者等を先にやり過ごす位の気持でドライビングすると事故が減るのではないかと思います。
その他にも事故原因は多種多様とある訳で、そのどれも起こしているのは人だということです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。