a0001_013081差点とは、今まで一本の道路であったものが、2本以上の道路に接する場所のことです。
交差点は、道路を接していることから、車だけではなく、自転車や人が行き交う場所です。
その為に信号のない交差点では、出会い頭事故が起きやすいものです。
歩行者等の道路を渡りきる時は、注意が必要となります。
ドライバーはスピードを出していなくても、急に車は止まれないものです。
特に、自転車がスピードを出して走っているものです。
信号のある交差点においては、残存歩行者について注意する必要があります。
交差点は例え、車両の信号が青になっていても、一時停止をして、左右を確認しながら進行する必要があります。
交差点を青に変わったからといって、スピードを緩めず、走り去る車がいますが、交通事故の原因となります。
交差点では、ドライバーには歩行者を守る義務があるのです。
道路が接するといえば、電車の道路である踏切も一種の交差点ともいうべきものであり、交通事故が起きやすい場所ですので、運転には、注意が必要です。
踏切では、遮断機が下りていた場合は、当然一時停止ですが、遮断機が下りていなくても、警報機が鳴っていなくても、当然一時停止をして、左右を確認して進行します。
渡りきるまで、エンストがおきないようギアーチェンジをせず、進行をします。

 

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。