自動車で踏切を通過するときは、その直前で一時停止をして、目と耳で安全を確認する必要があります。
もちろん、信号機がある場合は、信号に従って大丈夫です。
前の車に続いて、通過する時も、一時停止をして、安全を確かめなければいけません。狭い場所であれば、対向車にも気をつけて、無理な行き違いはやめて、対向車に進路を譲りましょう。
注意することは、エンストを防止する為に、変速しないで発進したときの低速ギアのままで一気に渡り、落輪しないようになるべく中央を渡るようにすることが大切です。
又、警報機が鳴っている時には、遮断機が下りはじめているので、線路に入ってはいけません。渡った先が、混雑していて、そのまま線路内で身動きが取れす、立ち往生することになります。
しかし、これらの原因や、車の何らかの故障により身動きが取れなくなった場合は、警報器などの柱に取り付けられている非常ボタンを押します。非常ボタンを押すと、電車に停止信号が送られて、電車が停止する仕組みになっています。非常ボタンがない場所であれば、車に備え付けられている発炎筒を使い、電車に分かるように早急に合図を出します。
踏切での運転でトラブルが起こらないように、日常的に最善の注意を払うことが大切となります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。