車で踏切に進入する際には細心の注意を払う必要があります。車が渋滞しやすいところや、列車の往来が頻繁で遮断機が降りている時間が長いところなどでは高架化も進んできていますが、すべてを高架にすることは不可能である以上、絶対に守らなければならないことがいくつかあります。
まず、遮断機が上がっていても踏切のランプが点き、警告音がなっている場合には絶対に踏切内に進入してはならないということです。当たり前のようですが、急いでいるときなど列車の姿が見えないからと油断して進入してはいけません。思わぬエンストが起こったり、線路側に脱輪したりするとたちまち手遅れになります。
また、踏切の前方に自分の車が入るだけのスペースがあることを確認してから踏切に進入します。特に前方に信号がある場合など前の車に続いてスペースを確認せずに踏切に進入すると、信号待ちの車の列で踏切から出られなくなる恐れがあります。
これらの注意を払ってもなお不測の事態により踏切内で故障などにより立ち止まってしまった場合は、最悪の事態を防ぐため、直ちに列車の運転士に通報する必要があります。その最も有効な手段は踏切の脇にある非常ボタンを押すことです。これを押すとすぐに列車に踏切内で異常事態が起こっているという警報が届くため非常ブレーキをかけて大事故を未然に防ぐことができます。
非常ボタンの位置がわからない場合は発煙筒を炊いて異常を知らせます。そのためにも日頃から車内に発煙筒を常備し、とっさの場合にすぐ使えるよう使い方に慣れておくことも大切な心掛けです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。