運転中の踏切事故の防止のために注意すべき点は、まず踏切の手前では必ず一旦停止を守り、安全を確認してから渡るようにします。
冬場などには、踏切手前は凍結のため滑りやすくなっていますので誤って踏切内に侵入しないように十分な減速を心掛けましょう。発進する時は、前方の状況を確認し無理に踏切内への侵入をしないようにします。
また、マニュアルミッションの車は、踏切通過まではギアチェンジをしないことを徹底してください。警報機が鳴りだしてから急いで渡りだすのは絶対にやめましょう。もし、
警報機が鳴っている中、踏切内で自動車が止まってしまった時には、ためらわずに警報機の非常ボタンを押して列車に通報します。電車は止まるのにかなりの時間がかかります。
警報機が鳴った場合20秒から早い場合は15秒で踏切へ列車が到達しますのでまず速やかに非常ボタンを押しますが、非常ボタンは、強く押さないと作動しないのでボタンが戻らなくなるまで思い切って押します。
警報機が鳴っていない場合でも対処法に戸惑うようならまず非常ボタンを押して列車を止める必要があります。
当事者ではなくてもそのような状況を見かけたら周りの人が押しましょう。車の移動はその後周囲に助けを求めて安全を確認の上行いましょう。

車で踏切に進入する際には細心の注意を払う必要があります。車が渋滞しやすいところや、列車の往来が頻繁で遮断機が降りている時間が長いところなどでは高架化も進んできていますが、すべてを高架にすることは不可能である以上、絶対に守らなければならないことがいくつかあります。
まず、遮断機が上がっていても踏切のランプが点き、警告音がなっている場合には絶対に踏切内に進入してはならないということです。当たり前のようですが、急いでいるときなど列車の姿が見えないからと油断して進入してはいけません。思わぬエンストが起こったり、線路側に脱輪したりするとたちまち手遅れになります。
また、踏切の前方に自分の車が入るだけのスペースがあることを確認してから踏切に進入します。特に前方に信号がある場合など前の車に続いてスペースを確認せずに踏切に進入すると、信号待ちの車の列で踏切から出られなくなる恐れがあります。
これらの注意を払ってもなお不測の事態により踏切内で故障などにより立ち止まってしまった場合は、最悪の事態を防ぐため、直ちに列車の運転士に通報する必要があります。その最も有効な手段は踏切の脇にある非常ボタンを押すことです。これを押すとすぐに列車に踏切内で異常事態が起こっているという警報が届くため非常ブレーキをかけて大事故を未然に防ぐことができます。
非常ボタンの位置がわからない場合は発煙筒を炊いて異常を知らせます。そのためにも日頃から車内に発煙筒を常備し、とっさの場合にすぐ使えるよう使い方に慣れておくことも大切な心掛けです。

踏切では、遮断機が下りていなくても、警報機が鳴っていなくても、一旦停止をして、左右を確認をして進行をする必要があります。
本来は、電車が通る道でありますので、間違った運転をしますと電車に迷惑を掛けることになるからです。
1)警報機が鳴り始めると、停止線で停止して、電車が通過するまで待つことです。
2)又、遮断機が下りていなくて、警報が鳴っていなくても、前方に車がいて進路がふさがれている場合は、進入は見送ります。
3)複線区間では、列車が通過した直後に反対方向の列車がくることもありますので、確認が必要になります。
4)遮断機が上がり、進行が出来るようになりますと、注意しながら進行をしますが、エンストをしないよう変速操作はせず、踏切内を渡りきるまでそのままで進行をします。
5)途中でエンストをした場合は、慌てずエンジンをかけて進行をします。
それでも車が動かない場合は、速やかに車を降りて警報機側に設置されている非常ボタンを押して、列車に車の存在を知らせます。又、車に搭載されている発煙筒で危険を知らせることが必要です。
6)もし、進行途中で遮断機が下りてしまったら、パニックにならずそのまま落ち着いて進行をします。
遮断棒は、車で押しても折れずに、上がるような構造になっていますので、脱出が出来ます。

 

 

車を道路上で利用される事は、もはや現在では当たり前のような事とも考えられている行為ではないでしょうか。もし車の使用が認められなかった場合には、私たちの社会生活は全くできなくなってしまうくらいの影響が出てしまう事が考えられます。それだけ車の使用というものが、今では社会的にも重要な位置を占めている事が考えられます。
しかし、その使用方法を間違ってしまいますと、とても悲惨な交通事故を引き起こしてしまう事にも繋がりますので、特にドライバーはこのような事を気をつけなければなりません。特に道路上では色々な危険箇所がありますが、踏切ではかなり危険な場所である事が言われています。
踏切での交通事故が起こるという事は、車と列車との衝突事故というケースになりますが、その場合に車が列車を破壊するような事は考えられません。やはり重量の大きい列車の方が車を破壊する事となります。それ故に、ドライバーが亡くなってしまうくらいの交通事故に発展するケースが多くあります。
踏切を通過する際には、細心の注意を払うことが必要です。踏切装置はあくまでも機械であって、100%信用することはできません。ドライバー自身が確実に一時停止と、目と耳による安全確認を行って運転をする事が求められています。

自動車で踏切を通過するときは、その直前で一時停止をして、目と耳で安全を確認する必要があります。
もちろん、信号機がある場合は、信号に従って大丈夫です。
前の車に続いて、通過する時も、一時停止をして、安全を確かめなければいけません。狭い場所であれば、対向車にも気をつけて、無理な行き違いはやめて、対向車に進路を譲りましょう。
注意することは、エンストを防止する為に、変速しないで発進したときの低速ギアのままで一気に渡り、落輪しないようになるべく中央を渡るようにすることが大切です。
又、警報機が鳴っている時には、遮断機が下りはじめているので、線路に入ってはいけません。渡った先が、混雑していて、そのまま線路内で身動きが取れす、立ち往生することになります。
しかし、これらの原因や、車の何らかの故障により身動きが取れなくなった場合は、警報器などの柱に取り付けられている非常ボタンを押します。非常ボタンを押すと、電車に停止信号が送られて、電車が停止する仕組みになっています。非常ボタンがない場所であれば、車に備え付けられている発炎筒を使い、電車に分かるように早急に合図を出します。
踏切での運転でトラブルが起こらないように、日常的に最善の注意を払うことが大切となります。

自動車等の車両を運転する場合には、原則として信号機の表示に従い、歩行者や自転車などに注意しながら交差点を通過しますが、信号機や交通整理の行われていない交差点では、その道幅や見通しの良し悪しなど、同条件の道路が交差する場所では、左方から進行してくる車両を妨害してはいけません。
これは、道路交通法第36条によって定められている左方優先の原則と言います。
しかし、それはあくまでも、信号機のない交差点や交通整理の行われていない交差点において、明らかに道幅の広い方や一旦停止の標識などが無い道路を走行する車両が優先となる、優先道路の優先が判断できないような交差点に限ります。
一旦停止を行った場合でも、少し前へ進まなければ見通せない交差点などの場合、左側通行が原則の日本では、右側から来た車両の方が、左側から交差点に進入しようとする車両を見つけ易く、右側から来た車両が道を譲る事で接触事故を防げるからです。
しかし、双方ともに見通しの良い交差点でも事故が絶えないのは、共に同じ時速で走っていると、眼の錯覚で、その車両がまるで止まっているように見えてしまい、風景の一部と化してしまう為だと言われています。こちらが優先だから。こちらの方が早く通り過ぎるだろう。等と過信しないで、譲り合いの精神で事故を防ぎたいものですね。

交差点を通行するときには様々な危険が潜んでいると言われています。昨今、信号の整備等が進んで事故数が減少傾向にあるとはいえ、事故原因は今も昔もそう変わらないようです。
相変わらず多い事故原因の一つが「左折時の巻き込み事故」です。巻き込み事故とは、車が曲がる時に生じる前輪の軌道と後輪の軌道の違いによって生じる内輪差によって、主に後輪側で歩行者や自転車を巻き込んでしまう事故の事です。ホイールベースの長い車(バスやトラック等)ほど内輪差は大きくなり、運転の時には特に注意が必要になってきます。
歩行者や自転車に乗っている人はさほど車に関する知識はありません。むしろ全く無いと思った方がドライバーにとっては良いのではないかと。ドライバー主観だと「歩行者も分かっているだろう」と思いがちですが、歩行者側からだと後輪がそこまで内側を通るとは思っていません。その見解の相違が巻き込み事故を生み出す訳です。よく言われる「余裕をもったドライビング」で交差点に入る時に歩行者等を見つけたら、歩行者等を先にやり過ごす位の気持でドライビングすると事故が減るのではないかと思います。
その他にも事故原因は多種多様とある訳で、そのどれも起こしているのは人だということです。

a0002_004754原動機付自転車の二段階右折のやり方についてですが、まずはその交差点が二段階右折の交差点かどうかをよく確認する必要があります。標識などで確認ができますから、あらかじめ左の走行車線を走って、交差点左の角付近にある場所に移動します。
その後は、右折できる場所にいるわけですから、信号機が変わって青になれば、直進をして進むという流れになります。
運転時にはよく標識を見過ごすことがあります。そのため、そのまま直進せざるを得なくなり車との接触事故の危険性が高まります。早めに標識は出ていますからよく確認しておくことが大切です。
また、原付ですから、一般的には近隣のよく走っている道路を走行することが多いはずです。そのため、標識があってもなくても感覚で分かる場合もありますし、他の原付が走行しているのであれば、それにならって走行すればよく、この右折方法に戸惑うことはまずないと考えられます。
それでも日ごろから道路の状態に気を付けて、もし走行するのであればどのタイミングで右折できる場所に移動するのかについて、しっかりと把握しておく必要があります。車に乗っている時があればそのときにでも確認をしておくことが望ましいと言えます。

a0001_013081差点とは、今まで一本の道路であったものが、2本以上の道路に接する場所のことです。
交差点は、道路を接していることから、車だけではなく、自転車や人が行き交う場所です。
その為に信号のない交差点では、出会い頭事故が起きやすいものです。
歩行者等の道路を渡りきる時は、注意が必要となります。
ドライバーはスピードを出していなくても、急に車は止まれないものです。
特に、自転車がスピードを出して走っているものです。
信号のある交差点においては、残存歩行者について注意する必要があります。
交差点は例え、車両の信号が青になっていても、一時停止をして、左右を確認しながら進行する必要があります。
交差点を青に変わったからといって、スピードを緩めず、走り去る車がいますが、交通事故の原因となります。
交差点では、ドライバーには歩行者を守る義務があるのです。
道路が接するといえば、電車の道路である踏切も一種の交差点ともいうべきものであり、交通事故が起きやすい場所ですので、運転には、注意が必要です。
踏切では、遮断機が下りていた場合は、当然一時停止ですが、遮断機が下りていなくても、警報機が鳴っていなくても、当然一時停止をして、左右を確認して進行します。
渡りきるまで、エンストがおきないようギアーチェンジをせず、進行をします。