車 買取相場表

a0001_013026

 

交差点と踏切は最も車同士のトラブルが多い現場であり、教習においても交差点や踏切については十分に注意されます。必ず片方が優先となっており、優先ではない車線の車は優先道路を走っている車の邪魔をしてはいけません。

 

では邪魔とはどういった事が邪魔という事になるのかというと、優先道路の車にブレーキを踏ませてはいけないということです。優先道路を走っている車が危険を感じてブレーキを踏んでしまう様な動きを、優先ではない道路の車がする事態が違法となります。つまり優先でない車は優先である車の通行が終わるまで動いてはいけないということです。少しでも動いてしまうと優先道路を走っている車は警戒して軽くブレーキを踏みます。その行動をとらしてはいけないということです。

 

車の運転で線路の上を通過するときには線路の直前の白線で一時停止する必要があります。そして電車の警告音がしていないかどうか耳で確認して、ローギアで素早く線路の上を通過します。遮断機があるのに一時停止して左右の確認をする理由は、今までに遮断機が下がらずに電車が通過した事例がいくつもあるからです。そういった事は滅多に無いですが、それを警戒せずに通過してたまたまその時に遮断機のトラブルが起こってしまえば生死に関わります。